長期優良住宅について

長期優良住宅について

長期優良住宅

House Support

平成21年6月から「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が施行されました。この法律で定められた9の項目(劣化対策、耐震性、維持管理・更新の容易性、可変性、バリアフリー性、省エネルギー性、居住環境、住戸面積、維持保全計画)で一定の基準を満たした住宅は「長期優良住宅」に認定が可能です。認定を受けると、各種減税やローン金利優遇など、様々なメリットを得られます。

良い家の定義

長期優良住宅とは?

  • 環境問題に貢献
  • 消費者の住宅取得費の軽減
  • 中古市場の活性化−選択肢の増加
  • ストックビジネス(点検・リフォーム・中古住宅の売買など)の育成
  • ローン控除の増額、登録免許税の減税、不動産取得税の控除額アップ、固定資産税の軽減など

長期優良住宅基準とツノガヤの数値

ツノガヤでは「R+houseパネル」というオリジナルのパネルを使用することによって、長期優良住宅基準を大幅に上回る性能を実現しています。
また、10年以上前に定められた「次世代省エネルギー基準」をもとに判定する長期優良住宅基準を満たすだけでは快適な家とは呼べないと考え、快適な住宅、エコな住宅を追求しています。
長期優良住宅基準として設けられている「省エネルギー性」で定められる、UA値で長期優良住宅基準とツノガヤの数値を比較してみましょう。

省エネルギー性(UA値について)

UA値:外皮平均熱貫流率(W/㎡k)

外皮平均熱貫流率は、住宅の断熱性能を表します。
従来は、熱損失係数(Q値)などを使用してきましたが、これに変わる指標が外皮平均熱貫流率になります。数値が小さいほど性能が高いことを表します。

地域区分
1 2 3 4 5 6 7 8
0.46 0.46 0.56 0.75 0.87 0.87 0.87 -
地域区分
長期優良住宅認定基準 0.87
ツノガヤ数値 ※ 0.55

「長期優良住宅認定基準」を大幅に上回っています。

※ツノガヤ数値は6地域施工物件での実測数値

長期優良住宅はお得?

長期優良住宅だと税金の優遇があります。
住宅を長期に使用することで解体等による廃棄物の排出を抑制し、環境負荷を軽減すると同時に早期建替での国民の負担を軽減するためです。ですから税金の面で多くの優遇制度があるのです。

なんとさらにお得!

長期優良住宅は金利引下げが可能になる「フラット35S」の対象になります。
「フラット35S」とは、「フラット35」をお申込みのお客さまが、省エネルギー性、耐震性などに優れた住宅を取得される場合に「フラット35」のお借入金利を一定期間引き下げる制度です。長期優良住宅を建築し、「フラット35S」の借入をした場合、0.3%の金利優遇がうけられます。単純計算でも百万円単位の効果を得られるのではないかと考えられます。

ツノガヤの住宅は、これらの考え方をベースとしてつくられています。大手ハウスメーカーのように自社で実験・研究はできませんがたくさんの勉強をして地元に根ざした会社がつくる地元に適した最高の家づくり。

もし、あなたがこんなお家が「ステキだな〜」と思っていただけたなら、見学会や勉強会におこしください。そして私たちの家づくりへの想いを是非感じてください。