コラム

コラム

公開しない家づくり勉強会とは?

どういった人参加しますか?

年齢だと20代〜30代の方が多いです。結婚して、子供が生まれて家族が増えて、家を建てることを考え出した頃の人がメインですね。

そして「家づくり」に関してまったく知識が無い人がほとんどです。「家を買う、建てる…ってどこから始めればいいの?」という型が大半で、まずは話を聞いてみよう、というところから参加して下さる方が多いです。

勉強会はどんなことを話しますか?

勉強会といってもテストなんかがあるわけでは或ありません。専門の講師を招いて、お金の話、土地の話、建物の話とトータルで話します。知識のない人が大半なので、お金の借り入れ方法や返済計画のこと、土地にかかるお金など予算計画の話などを最初からお話します。また、土地の探し方や購入方法なども人生で何度も経験することではないので専門家としてのアドバイスも提案します。お金に関することは誰もが不安になる部分だと思いますので、わかりやすく丁寧に説明します。

建物の話もします。気密性、構造、断熱性などの建物にとって重要なことの説明もします。何も知らずに家を建ててから後悔したという話も少なくありません。業者にすべて任せてしまい家を建てることが、必ず成功するとはいえません。知識を持って業者と関わることが大切です。そして知識があると無いとでは家を建てるにあたっての思い入れも変わってくると思います。

それと、建築家やメーカーについてもお話します。メーカー、工務店、建築家など、建てる手段はいくつもありますので、それぞれの違いを説明します。
勉強会に参加する人にツノガヤで建てて、とお願いすることはありません。勉強会で得た知識をもとに色々な会社を回ってもらい、自分に合ったパートナーを見つけてもらうことが勉強会の一番の狙いです。

参加者によくあるお悩みは?

一番多いのはやはり”お金”の話です。どのくらいの資金が借りられるのか、それで求める家が建てられるのかという資金繰りやローン計画に不安をお持ちの方が多いと思います。
また建物の性能や耐震性などを心配される方もいます。
色々なメーカーがいろいろな建材や耐震性の高い構造を提案していますので、一概にこれが良いとは言えませんが、資金の許す中で安心を得られる家づくりのご相談にはお応えしています。

あとは「家をたてるぞ!」となった次に踏み出すために何が必要かという相談もお聞きします。その場合は色々な展示場や見学会などで家をたくさん見て下さい、と提案しています。性能などもそうですがデザインの好み、そして一番付き合う時間が多い営業の人との相性などもあります。デザインで決める、ではなく、色々まわったうえで自分に合った会社を見つけてもらいたいですね。

実際に契約してからは?

ありがたいことに勉強会に参加された方からご契約頂いた方もたくさんいます。
ご契約後につまづくことはまずありません。ヒアリングを数回繰り返しデザイン、建設計画、資金などをこちらで管理・調整していきます。

建築家とは3回程度の打ち合わせがあります。1度目のヒアリングをもとにプランを提出し、2度目でさらに詳細を詰めていきます。3度目で修正案を作りそこからは細かい仕様を決めていく流れとなります。

どういう人に参加してもらいたい?

こだわりの強い方、自分らしさを求めた家を作りたいとお考えの方にはぜひ参加していただきたいです。それらを実現するためには必ず知識が必要になって来るからです。正しい知識をもって後悔しない、大満足の家づくりを実現してもらいたいと思っています。